広島カープと日本ワイン

昨年、広島が沸いた。25年ぶりに広島カープがリーグ優勝を果たしたからだ。優勝の裏には、25年もの間応援し続けてきたファンの存在がある。その情熱は他の球団ファンよりも熱い。セリーグ優勝を決めた広島―巨人の最高視聴率71%を記録したことからもその熱がうかがえる。

話しは変わって、今、日本ワインが躍進している。世界的なコンクールで入賞を果たすなど、世界からの評価は鰻登りだ。生産者は、糖度の高い葡萄を作るために知恵を絞り、試行錯誤を繰り返してきた。その努力が実を結び始めている。

正直言って、5年以上前の日本ワインのレベルは低かった。どれも水っぽく、イタリヤ、フランス、ドイツなどと比べたら明らかに品質が劣っていた。

5年前、日本ワインの試飲会に参加したときのことである。やはりどれもイマイチだったため、ソムリエに「数年前よりは大分マシになったけど、まだまだ発展途上だね」と言った。そしてこう質問した。「なんで日本ワインを推すの?」と。ソムリエから返ってきた答えは、「確かに、日本のワインは歴史が浅いため、まだまだ今一つです。でも、だからと言って誰かが応援しなければ、日本ワインは美味しくなりません。だから私は応援するんです」

粋だと思った。

ワインの葡萄は、すぐに作れるわけではない。土壌を育てなくてはいけないし、根が深く伸びるまで何年もかかる。「まだ美味しくないから」といって日本ワインにお金を払わなければ、生産者は潰れていってしまう。「発展途上だから買わない」ではなく、「発展途上だから買う」のだ。きっと、日本ワインを応援し続けて来た人は、今の日本ワインの躍進を見て、きっと嬉しく、そしてより一層美味しく飲んでいるに違いない。

日本ワインと広島カープが重なった気がした。

 

別冊Discover Japan GASTRONOMIE いま飲むべき日本ワイン (エイムック 3527 別冊Discover Japan GASTRON)

別冊Discover Japan GASTRONOMIE いま飲むべき日本ワイン (エイムック 3527 別冊Discover Japan GASTRON)

 

 

日本ワインジャパンプレミアム2種セット 750ml×2本

日本ワインジャパンプレミアム2種セット 750ml×2本

 

 

 

 

同じ構造と矛盾

芦田真菜ちゃんが偏差値70超の名門中学に合格した。つい数年前まで「めっちゃ可愛い女の子だな。娘にしたい」と思っていた少女に、偏差値を抜かれてしまった私としては複雑な心境ではある。もう、真菜ちゃんとは呼べない。真菜さんと呼ぼう。

ニュース記事によると、真菜さんは1日12時間も勉強していたそうだ。「12時間って凄い」と思ったのと同時に、「人は12時間も勉強できるものなのか!」と驚いた。塾に通ったこともなければ、高校受験さえもまともにしてこなかった私にとっては、信じがたい事実であった。

先週、NHK番組『クローズアップ現代+』でも最近放映された『「稼げる大人」になる!? 過熱する受験競争』で中学受験が取り上げられていた。インタビューに応じた小学生も、「1日10時間勉強している」と述べており、実際に日本で起きている事象なのだと、馬鹿な私もようやく認識した。

真菜さんやTVに出ていた小学生たちを見て、私は感心しながらも、ある矛盾を自分の中に感じた。

私は何度が「長時間労働」について記事を書いたことがある。例に漏れず「長時間労働は是正せねばならない」といった趣旨のものだ。そんな私が長時間勉強をする子どもを見て「偉いな」と感じていいのだろうか。

子どもにとっての勉強は、大人にとっての仕事にあたるのではないか。もし、そうなら、私は矛盾を禁じ得ない。子ども長時間勉強を強いる環境や姿勢は、長時間労働を強いる会社や経営者と同じだからだ。

長時間労働がなぜなくならないのか。それは、長時間労働を評価する上司がいるから。長時間労働を止めると競争に負けるからである。収入がなくなるからである。

受験勉強も同じだ。

長時間労働がなぜなくならないのか。それは、長時間勉強を評価する大人がいるから。長時間勉強を止めると競争に負ける(いい学校に入学できない)から。そして将来稼げなくなるからである。

この二つは、構造が同じである。労働問題は、実は受験勉強からすでに始まっていると言える。

真菜ちゃんをはじめとした受験勉強をがんばった小学生たちの努力は褒めてあげたいが、それは労働問題に繋がると気づいたとき、複雑な気分になった。

 

★★★

 

音楽教室から著作権料を徴収する方向でJASRACが動き出している。今回の件には、私もいささか疑問は残るが、JASRACの大義名分「音楽を作った作曲家や作詞家たちにお金をちゃんと廻すため」は理解できる。

個人的な話だが、私は青春時代を國府田マリ子の歌に捧げてきた。四六時中、彼女の歌を聴いていた。私が特に好きだった歌に『長雨』がある。だが、彼女はニッチな存在のため、どこのカラオケにいっても『長雨」が無いのである。私は國府田マリ子にお礼がしたい。何万回も聞いた『長雨』を歌ってお金を落としたのだ。なのにそれが出来ないのである。「JASRAC、仕事しろ」と言いたい。

さて、私は以前から疑問に思っているのだが、「料理のレシピ」はなぜ著作権の対象に当たらないのだろうか。

知らない人のために説明しておくと、著作権の保護対象は「思想や感情を創作的に表現したもの」である。料理のレシピが著作権の対象ではないと言うことは、「レシピも料理も表現物ではない」と法律上見なされているということだ。その理由として、「レシピはただのアイディアであり、誰が作っても同じになるものは表現物ではない」とされているからだ(アイディアは、著作権の保護対象ではない)。そのため、今後どんなに独創的で革新的な料理が生まれようとも著作権では守られないのである。私的には、考えた作った楽曲が著作権で保護され、考えて作ったレシピが保護されないのは、整合性が合わないように思う。

もし私が一流のシェフに「あなたが作っているにはただの食べ物で、アートでもなければ表現物でもない」と言ったら、ブッ飛ばされるのではないだろうか。

「譜面→演奏」「レシピ→料理」は、同じ構造だ。
音楽から著作権料を徴収するのなら、料理からの著作権料を徴収するのが筋だろう。だが、本当にそんなことになったら困るし、実質上それは不可能だ。おそらく法律も「料理のレシピを著作権で保護したら大変だよね」という結論に達し、料理を表現物の対象から外したのではないだろうか。

自分自身、創作者を守りたいのか、守りたくないのか何だか矛盾する話ではある。

 

 

 

 

パクリ経済――コピーはイノベーションを刺激する

パクリ経済――コピーはイノベーションを刺激する

  • 作者: カル・ラウスティアラ,クリストファー・スプリグマン,山田奨治(解説),山形浩生,森本正史
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2015/11/26
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

著作権法がソーシャルメディアを殺す (PHP新書)

著作権法がソーシャルメディアを殺す (PHP新書)

 

 

 

『幸福の科学』と『沈黙-サイレンス-』

女優の清水富美加が宗教法人『幸福の科学』に出家するというニュースが先日飛び込んできた。『幸福の科学』と言えば、総裁 大川隆法のイタコである。著名人の守護霊を自身に憑依させたり、現在生きている人間の霊さえも憑依させてしまう。あそこまで突き抜けたキャラはそうそうお目にかかれるものではない。以前は怪しい教祖だと思っていたが、今では愛されキャラとして認知するようにしている。それに、これといった社会悪を犯したこともないのだから、外野がとやかく言う必要もないだろう。悪行を犯していない宗教への批判は、一種の宗教弾圧だと思う。

宗教弾圧と言えば、映画『沈黙-サイレンス-』が絶賛上映中である。江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師から見た宗教弾圧が基本題材になっている。私はまだ未見なのだが、そもそもなぜ幕府はキリスト教を弾圧していたのか、ここを知っているだけで映画の見え方は変わってくるだろう。

キリスト教が弾圧された背景に、当時の日本人の価値観と相いれなかったというのもあるが、戦国時代の悪行も尾を引いている。有名な史実の一つに、ポルトガル人神父による日本人奴隷の売買である。その数は数万人にのぼる(一説には50万人とも)。超安価で取引され、散々たる扱いを受けた。そのほか神社仏閣を破壊しまくったりと、諸々の悪行を重ねてきた。また、当時のキリスト教徒は諸国の植民地化と密接にかかわっており、弾圧は日本が植民地化されないための国策でもあったのだ。そこら辺は劇中で触れられているのだろうか。おそらく、沈黙(サイレンス)だと思う。

歴史や事実は、どの立場で描くかで見え方が変わってくる。幕末を題材にした映画やドラマも、倒幕派の視点と佐幕派の視点では見え方がだいぶ異なってくる。私は高校生まで、「倒幕派は絶対正義」と思っていたが、今は違う。『沈黙-サイレンス-』は、クリスチャンから見た話だと思うといいだろう。

※宗教話なのでガチ批判コメントは禁ずる
※私の話を鵜呑みにせず、一度自分で調べてみるといい

 

書籍『政府はもう嘘をつけない』は、日本人必読の書

クリスマスイヴだけど、風邪ひいてしまった。それも、微熱と軽い鼻水程度の中途半端な風邪。暇なので、今日届いた『政府はもう嘘つけない』(堤 未果)を読んだ。興味深かった部分を私なりに要約してみた。

政府はもう嘘をつけない (角川新書)

政府はもう嘘をつけない (角川新書)

 

 

 

「緊急事態条項」を憲法に盛り込もうとする矛盾と問題点

 

《矛盾》
現行の憲法では災害対応できないとの主張だが、日本にはすでに5つの災害対策法(災害時対策基本法・大規模地震対策特別処置法・原子力災害対策本部特別処置法・首都圏直下型地震対策特別処置法・南海トラフ地震対策特別処置法)がある。

《問題点》
「緊急事態条項」の草案にはこう書かれている。
①衆議院を解散しなくてもよい
②法律と同じ効力を有する政令を制定することができる
③総理や議員の任期などを伸ばすことができる
④国民は公的機関の命令に従わなくてはならない
⑤内閣総理大臣は、財政上必要な支出その他の処遇を行い、地方自治体の長に対して必要な指示ができる。
⑤有効期限は最低100日

これは、ナチスが成立させた「全権委任法」とほとんど同じ。発動時の権限は、アメリカ大統領以上になる(大統領でも立法と予算の権限はない)。このレベルの権限を持つのは、北朝鮮のトップぐらい。緊急事態下を解かない限り、いつまでも政権を維持できる。

 

 

TPPに加盟すると未来永劫「脱原発」できない

TPPには、ISDS条項というものがある。要約すると、投資家や企業が、投資先の国内法によって損害を被ったら、国家を訴えることができる。というもの。
つまり、TPPに加盟して、もし日本が脱原発しようものなら訴えられてしまう。なぜなら、日本にある原子力発電所は、アメリカ製だから。

 

本書の帯には、「お金の流れで世界を見抜け」とあるが、その通りの内容になっている。要は、「誰得か」の視点で見れば、裏に潜む人たちや構造が見えてくるというわけだ。私のメモ書き以上に刺激的な内容が書いてある。ぜひ、一読するといい。

 

政府はもう嘘をつけない (角川新書)

政府はもう嘘をつけない (角川新書)

 

 

 

生産性の観点から「寄付」を考えてみた

先日、ユニセフから電話があった。数年前にユニセフに寄付していただいた縁で、もう一度、途上国の子どもたちに寄付をしてほしいとお願いされた。その時は「ほかにも寄付しているので、また、気が向いた時にでもユニセフに寄付します」と言い、電話を切った。嘘ではない。少額ではあるが、多方に寄付しているし、寄付する基準は特になく、その時の気分だ。

丁度その頃、「生産性」が主題となっている著書『自分の時間を取り戻そう』(著 ちきりん)を読んでいた。生産性の観点から見た場合、日本国内に寄付するよりも発展途上国(貧困層)にしたほうが生産性が高いのではないかと思った。

 

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

 

たとえば、貧困にあえぐ日本国内の子どもと、同じく貧困にあえぐ途上国の子供では、どちらに寄付したほうがお金の生産性は高いか。断然、後者だろう。

1万円寄付したとして、前者なら数日分の食費にしかならないが、後者なら、食料はもちろん病気予防のワクチンなども提供することができる。それも数人分。

ユニセフに寄付したほうが人命は多く救われる。生産性が圧倒的に高い。純粋に、お金の「生産性」だけで見れば、ユニセフに寄付するのが賢明だろう。


これはあくまでも「生産性」の観点で見た場合であり、生産性だけで寄付先を決める必要はない。一つの判断材料である。

 

 

追伸

税金払うよりも、寄付したほうがお金の生産性は圧倒的に高い(所得控除も受けられるし)。政治家の下手くそなお金の運用やバラマキ外交に使われるぐらいなら、生命を守るためにお金を使ったほうがずっと有意義だと私は考える。

 


 

生産性とコスパーの違いについて、ちきりんに訊いてみた

ちきりんの書籍『自分の時間を取り戻そう』を購入。ビジネスパーソンなら全員読んだほうがいいと思えるほど、有益だった。読了、一つだけ疑問が残った。それは「生産性」と「コスパー」の違いについてだ。なんとなく違うようだけど、ほぼ同義に近い感じがしたのだ。そこで、著者のちきりんに訊いてみた。(著者に直接質問できるなんていい時代になったね)

 

返事がきた。

 

おかげさまで、大いに理解できた。
良い子のみんなも理解できたよね。

 

そんじゃーね。

 

 

自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

 
生産性

生産性

 

 

 

こちらの記事も、ちきりんの返信を元に書いている。


 

無知からくる正義は怖いね

俳優の成宮寛貴が引退宣言をした。きっかけを作ったのはフライデーだ。事情は周知だと思われるため割愛するが、今回ばかりはフライデーは一線を越えたと思う。倫理的に間違っている。義憤を感じている人も多く、スポンサーへ電凸するよう呼び掛けている人も中にはいる。だが、これはこれで間違っている。


スポンサーは、商業活動の一環として広告を出しているだけで、別に雑誌社を応援している訳でも、活動を支持している訳でもない。それにスポンサーは、事前に何が掲載されるなんて知らないし、知らされない。

 

そりゃ、効果はあるだろうよ。自分たちのために無関係な人たちが嫌がらせを受けるんだから。

 

そもそも企業が何でスポンサー(広告掲載)をするのかというと、一定の発行部数があるからだ(だから、広告価値がある)。真の意味でフライデーを支えているのは読者だ。フライデーを正攻法で失墜させたければ、買わないよう、読まないよう呼びかけるべきである。広告価値がなくなれば、お金を払って広告掲載する企業もいなくなる。

 

というわけで、スポンサーに電話を入れるのは何重もの意味で間違っている。無知からくる正義は怖いね。