右側と左側

※私が思う(主観)ところです。

 

右側は、自国の良いところしか見ようとしない。自国を褒めることが自国を愛することだと信じているから。
左側は、自国の悪いところしか見ようとしない。自国を省みればより良い自国になれると信じているから。

右側は、他国の言動に注意を払っている。他人の振る舞いに応じて対応を変えるべきだと考えているからだ。視点は外に向いている。
左側は、他国の言動にあまり関心がない。自国を省みることに他国の言動は関係ないと考えているからだ。視点は内に向いている。

右側は、自国にとって都合の悪い歴史はなかったこと、または、修正しようとする。自国の人格、自分の歴史は誇らしいものだと信じており、汚点の歴史が信じられないからだ。都合の悪い歴史を信じず、歴史を隠蔽し、修正する者を賛美する。
左側は、自国にとって都合の悪い歴史であろうと受け入れようとする。過去の汚点よりも、その後、どう是正したかに重きを置いているからだ。隠蔽、修正は悪しき行為とし、都合の悪い歴史を認めて是正することが、善き行い、善き者としている。

右側は、理想よりも現実に重きを置いている。理想にばかり邁進していれば、他国から足をすくわれ、自国を守ることができないと考えているからだ。
左側は、現実よりも理想に重きを置いている。目の前の問題に自分を合わせていると、理想の自国から遠のき、悪しき自分に戻ると考えているからだ。

右側は、自国の荷物になる国民は切り捨てていいと考えている。国家あっての国民と考えているからだ。
左側は、自国の荷物になる国民でも切り捨ててはいけないと考えている。国民があっての国家だと考えているからだ。

右側と左側は仲が悪い。
右側は左側のことを、自国批判してばかりする「反日」にしか見えない。どうしてこんな奴と同じ国民なのかと思っている。もしかしたら、他の国民ではないのかとさえ考えてしまう。
左側は右側のことを、自画自賛ばかりしていて、自国の品性を貶める奴にしか見えない。どうしてそれが傲慢で独善的な自国を作り上げていることに気づかないのかと思っている。

右側と左側は、同じ現実に身を置いていても、同じ事実を見ていない。フォーカスしているものが全く異なっているため、同じ言語を使っているにもかからず、言葉が通じていない。


どちらにも言えることは、マスコミが嫌いであること。そして、「和」の精神を忘れ、「同」の精神を有していることだ。

「同」とは、どちらかが一方が片方に合わせる精神。全体主義やディベートなどがそれにあたる。和とは、異なる音を鳴らして調和させるように、様々な意見を持つ人が集まり調和を見出そうとする精神。孔子は「君子は和して同せず」という言葉を残した。聖徳太子は、憲法17条第一に「和をもって尊しとなる」と書き残した。

右側と左側が、和の精神をもって和解できる日は……、多分こない。

 

いちいち「愛している」とか言うなよ。カッコ悪いだろ。

「“感謝”の反対語は、“当たり前”」といった言葉を何度か聞いたことがある。おそらく、あなたも聞いたことがあるだろう。これに派生してか、人間関係や恋愛においても、「感謝の言葉を述べましょう」「パートナーへの愛を言葉にしましょう」といった言説もまた耳にする。

間違ったことは言ってはいない。だが、なんだかこう、ムズムズする。感謝や愛を「言葉」にする行為に心理的な抵抗があるのだ。「毎日、パートナー(恋人や妻)に『愛しているよ』と言いましょう」などと言われると、反射的に「無理」と思ってしまう。仮に言ったとしても、自然と口から出た言葉ではなく、小手先の技としてその言葉を口にしているに過ぎない。この不自然さに心理的な抵抗を覚えるのだ。この感覚、男性なら共感する人が一定数いるだろう。

書籍『アンドロイドレディのキスは甘いのか』(著 黒川  伊保子)にこんな一文があった。

空間認識力の高い男性脳の拡張感覚は、女性脳よりもはるかに高く、バイクや車などのメカや道具を、自分の一部のように感じる。(中略)
自分の右手をわざわざ褒めないように、男たちは妻をお褒め続けたりしない。自分の右手に「愛してるよ」と言わないように、男たちは妻に愛を伝え続けない。
拡張感覚は感覚の低い女性脳(女性はその能力のほぼすべてを子どものために使う)は、ことばの絆を欲しがるのだが、男にはなかなかそれがわからない。もちろん、女がそれを欲しがるから言ってあげる、という優しい男子はいるけどね。
あるとき、知人が、結婚3年目の妻を「いのちよりも大事な◯◯さん」と表現したことがあり、私は、この人が妻に対して一体感がないことにびっっくりしてしまった。一体感のある相手に、普通、脳はこのことばを弾きだしてこない。私は、息子がのちより大事なだけれど、「命よりも大事な息子」だなんてわざわざ言ったりしない。「自分の右目を愛している」なんて言わないように。p99 

付き合い始めのカップルや新婚ならいざ知らず、3年以上も連れ添ったパートナーに愛の言葉を囁いている男性を見ると、私は得も言えぬ違和感を覚える。この違和感の正体が、本書を読んでわかった。一体感のなさ、しいていえば、新の意味で「認めていない」のだ。先述した、私が「愛している」と言葉にすることに抵抗を覚える謎も氷解した。

本書を読んだ瞬間に想起したのが、漫画『HUNTER×HUNTER』に出てくる台詞である。引用する。

ひとつ言っとくけど、次にこんなことがあっても、もういちいち礼とか言わないからな。だからもし今度逆にオレがお前を助けるようなことがあっても、お前もオレにありがとうとか言うなよ。友達が友達を助けるのは当然だろ。漫画『HUNTER×HUNTER』(キルア)より

カッコよ過ぎる。この言葉が無性にかっこいいと思った人は私だけではないはず。礼を言い合うような仲は、軽いんだよ。愛情を言葉にしている関係は浅いんだよ。「当たり前」に昇華してこそ、真の信頼し合っている間柄というものだ。とはいえ、この感覚、女性には理解できないようだ。

書籍『アンドロイドレディのキスは甘いのか』をもう少し引用したい。

女は、共に過ごしてきた日々を愛で合い、褒められたり、癒しのことばをもらったりしながら生きていくことを「愛の日々」だと思っている。なのに、男の愛は、拡張感覚は感覚。慣れ親しんだ女を、自分のからだの一部のように感じてしまうから、わざわざことばをかけなくなってしまうし、先立たれたら、身体の大事な一部をなくしたかのように、弱って死んでしまうのである。
どちらの愛が深いだろうか。
脳学的にも、人工知能論的にも、答えは、男性脳のそれ、である。女の愛は、人工知能で「ふり」ができるが、男の愛は、人工知能では実現しようがない。p101

アンドロイドレディのキスは甘いのか

アンドロイドレディのキスは甘いのか

 

本書を読んで思ったのは、「これじゃ、男と女はすれ違うよね」ということ。男がパートナーに感謝や愛の言葉を述べないのは、決して、感謝していない、愛していないからではない。その逆なのである。わざわざ言うに及ばない感覚になったからこそ、言葉にしなくなったのだ。

 

我が家では「水曜日」に宅配を集約させることにしました

f:id:fukaihanashi:20170308131620j:plain

 

ヤマト運輸の長時間労働と残業代未払いが問題になっている。長時間労働の根本原因はドライバー不足にある。宅配数は年々増加の一途を辿っており、それに比例してドライバーが増えているわけではない。まずは、どれほど宅配数が増えているのか、ヤマト運輸のホームページに掲載されているグラフを見てほしい。

 

宅急便取扱個数の推移

引用元:http://yamato-hd.co.jp/investors/kojin/yamato/index.html

 

会社の業績グラフにしたいほどの右肩上がりである。需要が増えることはいいことだが、物流業界はこれに見合うだけのドライバーが確保できていないのが実情だ。2015年1月14日放送のNHKクローズアップ現代『モノが運べない!?“物流危機”』では「7万人にのぼるとされるドライバー不足」だと報道していた。おそらく、この慢性的なドラーバー不足は、今後も続くだろう。

 

 

各家庭にできること

私もAmazonで買い物をする機会が多く、また仕事でも商品出荷をヤマトにお願いしている。公私ともにお世話になっているわけだ。そんなヤマトのドライバーに負担をかけるのは心苦しいと思い、家族会議を開いた。

「家族での荷物は、できる限り水曜日に集約させること」という取り決めをした。業務の出荷は、日々注文が入るため出荷日を週1にすることはできないが、個人の買い物の受取は取り決めすることはできる。

ヤマト運輸は、Amazonと価格交渉に入ったようであり、上手く交渉が運び賃金の改善が見込まれれば、ドライバー確保も前よりは容易になるかも知れない。企業努力は企業努力として頑張ってもらい、一消費者としても何かしらの工夫はできる。

考えてみれば、週一になったところでさして不便になるわけでもない。こう言った慣習が広がれば、あったかい世の中になるのではないかと思う次第です。

 

 

佐川男子

佐川男子

 

 

 

「日本人って○○だよね」と言う人に足りないもの

「日本人って自分の意見を言わないよね」「日本人って職人堅気でマーケティング思考が足りないよね」「日本人ってみんなの意見に流されやすいよね」「日本人ってチャレンジ精神ないよね」。こんな意見を聞いたことはないだろうか? この言葉の裏には、概して否定的な意味が込められている。言っていることは事実だろうし、正論なんだと思う。だが私は、このような意見を“浅慮な意見”だなと思って聞いている。

国民の心性や国の文化は、長い歴史や背景があってそれが形成される。なんの本だか忘れてしまったが、とある本にこんな一文がありました。「日本人が自分の意見を主張しないのは、島国であり、隣の家が近くにあるような狭い村社会が形成されていたことに起因している。このような狭いコミュニティーでは、自分の意見をハッキリと言って波風を立てるよりも、当たり障りのないことを言っているほうが生きやすかったのである」と。

つまり、日本人が自分の意見をあまり主張しないのも、曖昧なことを言うのも、昔の日本社会において、それが「最適解」だっからなのである。これに限らず、国民に浸透した心性や文化は、それが「最適解」だっかからと考えられる。「日本人って○○だよね」(卑下)と言う人を見ては、「背忖する力が乏しいんだな」と思ってしまうのは、そういうわけだ。

グローバル化の波やテクノロジーの発展もあり、日本がおかれている環境や生活は大きく変わってきた。この変化の波に押されて、日本人が元来持つ価値観が古臭く、また非合理的に感じて、「日本人って○○だよね」と言いたくなる気持ちも分からなくはない。確かに、旧来の考え方は今の環境に適していないだろう。

これから日本人は、グローバル化した社会においての最適解を見つけていくのだろう。それが定着するのは、もう少し時間がかかるのではないだろうか。

「日本人って○○だよね」と言う人は、忖度する力が乏しいと言ったが、忖度する力は生活の場面でも大切になる。たとえば、人間関係。自分と意見の合わない人や価値観を持った人と出会うことはよくあることだ。そのとき、「この人はどうしてその意見や価値観になったんだろう」「その価値観を持つことで、何のメリットがあるんだろう」「何を守れるんだろう」と考えることは、相手を理解するためにも重要だ。これができない人と、意見の合わない人をすぐに「この人馬鹿なんだ」「馬鹿だから仕方ない」と結論付けてしまう。この言葉は、ネットの言論で散見する。しかも、自分と同じ意見の人としかつるまないため、ますます視野狭窄になり、読解力も日に日に乏しくなってしまう。

これらの事象は、テクノロジーがもたらした「最適解」なのだろうか。どうなるのか、生温かく見守っていきたいと思う。

 

 

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

オタクの息子に悩んでます 朝日新聞「悩みのるつぼ」より (幻冬舎新書)

 

 

わかったつもり?読解力がつかない本当の原因? (光文社新書)

わかったつもり?読解力がつかない本当の原因? (光文社新書)

 

 

書く力は、読む力(祥伝社新書)

書く力は、読む力(祥伝社新書)

 

 

文脈力こそが知性である (角川新書)

文脈力こそが知性である (角川新書)

 

 

森友学園は、壮大な愛憎ドラマだ

校庭のゴミ掘り出し作業を進めていたら、出るわ出るわの嫌疑や疑義や問題の数々。もう、どこから突っ込んでいいのか、いつ突っ込んでいいのか分からない。

国民の多くは、本事案を「政治の問題」だと思っているかもしれないが、それは違う。これは、昼メロだ。ドロドロの愛憎劇なのだ。

先日、総理は、安倍総理の夫人が名誉会長になった経緯について、「妻は断ったが、突然その場で籠池さんから父兄の前でそのように紹介されてしまったため、仕方なく引き受けた」といった旨の釈明をした。
 
それに対して籠池泰典理事長は、NHKのインタビューで「承認をされてから(壇上で)紹介させてもらったということで、私どもは理解しています」と反論。

愛国者であり安倍政権を応援している者であれば、たとえこの安倍総理の釈明が虚偽だったとしても、総理の発言を甘んじて受け入れるというものではないだろうか。ここ、空気を読むところじゃないのか。

さらに、自民党の鴻池祥肇(よしただ)参院議員は、籠池泰典理事長からお金が入ったと思われる封筒を渡され、突き返したと発言。それに対して籠池泰典理事長は、「お金は渡していない。商品券です」と反論。さらに、鴻池氏側から献金や寄付の強要があったことや、鴻池氏側が明らかにした資料は事後的な捏造(ねつぞう)だと反論している。

どうやら籠池泰典理事長は、総理や自民党のために罪を一身に背負う気はないようだ。彼の気持ちはきっと、「私はあなたたちのことをこんなに愛しているのに、あなたたちは私のことを見てくれない。もう私の存在は邪魔なのね。そんなの許さない」という心境なのかもしれない。

近々のニュースによれば、学園側は「安倍総理がんばれ」を園児に言わせたことは「不適切だった」と認めてたそうだ。私はこれを、別れのメッセージと見ている。

国を愛するもの同士の愛憎劇は、いったいどんな結末を迎えるのか。私はもう、それだけにしか興味がない。

 

 

 

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学

平気でうそをつく人たち:虚偽と邪悪の心理学

 

 

良心をもたない人たち

良心をもたない人たち

 

 

ゆがんだ正義感で他人を支配しようとする人 (講談社+α新書)

ゆがんだ正義感で他人を支配しようとする人 (講談社+α新書)

 

 

「マスゴミ」と言う人は、メディアリテラシーが低い

マスコミを揶揄した言葉に「マスゴミ」がある。政治ネタを投稿することが比較的多い私だが、一度も「マスゴミ」と言ったことはない。マスコミを批判したこともないと思う。

自分なりの考えがあってのことだ。そもそも、どんな人が「マスゴミ」と言うのだろうか。この言葉を使う人は、自分の政治思想にとって都合の悪い報道、または都合のよい報道をしていないと感じた人たちである。つまりマスコミは、右に偏った報道をすれば左から「マスゴミ」と言われ、左に偏った報道をすれば右から「マスゴミ」と言われるのだ。マスコミも大変だね。

また、「マスゴミ」と言う人たちは皆、「公平な報道ではない」とも口にする。公平って何だろうか? どうやって公平かどうかを評定するのだろうか? 客観的に公平性を担保する方法ってあるのだろうか。そんなものはない。報道を見ている人がそもそも偏っているのだから、見る人によって公平であったりなかったりもする。「万人が公平性と思う報道」は存在しない。そもそも、そんなものは無理なのだ。

マスコミにも偏りはあると思う。スポンサーの影響によって報道されない事実もあるだろう。偏っていると分かっているのなら、読み手がチューニングすればいいだけの話だ。左右両方の情報誌を読み比べるとか、または、政治色の偏りが比較的少ない媒体を読むとか。情報に応じて、読み方や媒体を変えればいいだけの話だ。これが、メディアリテラシーだと私は思う。

私から見て、「マスゴミ」と言っている人は、「私はメディアリテラシーが低いです」と宣言しているに等しい。私はそんな宣言をしたくないので、マスゴミなどとは一切言わない。

加えて言えば、新聞社やテレビ局といった団体単位ではなく、記者やライターといった個単位で情報を追いかけたほうがいいだろう。私もネタに応じて「この手の話は、○○さんの話が聞けるまで見解は待とう」と判断したりしている。

最後にもう一点。「マスゴミ」と言う人たちは、自分たちの思想に対して「絶対に正しい」「こうあるべきだ」といった意識があるはずだ(それが怒りの源になっている)。それに反するマスコミが許せないのだろう。だが、「自分たちは絶対に正しい」と思っている時点で、バイアスがかかっているため公平な目で情報が見れなくなっている。

総論を言えば、「マスゴミ」と言っている時点で、情弱だ。

 

 

理論で読むメディア文化: 「今」を理解するためのリテラシー

理論で読むメディア文化: 「今」を理解するためのリテラシー

 

  

10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー

10代からの情報キャッチボール入門――使えるメディア・リテラシー

 

 

 

森友学園の事案を見ていて思った「同属嫌悪」

「同属嫌悪」という四字熟語がある。意味は「自分と同じ趣味・性質を持つ人に対して嫌悪感」である。何かに嫌悪感を抱くということは、もしかしたら自分も同じ性質を持っているかもしれない、ということだ。

話は変わって、先ほどツイッターを見ていたら、恐るべき衝撃映像が回ってきた。

 

この動画を見て思ったのは、「これって、反日教育している韓国と同じじゃね」だ。ここの園は、韓国・中国を嫌悪しており、保護者たちに以下のような手紙を出している。

 

幼稚園の副園長は、韓国・中国がお嫌いのようだ。理由の一つは、反日教育をしているからだ(動画を見れば一目瞭然)。そんな副園長らが運営する幼稚園の運動会で、子どもたちに反韓国、反中国思想を植えつける宣誓をさせている。これでは、反日教育をしている国と全く同じレベルである。幼稚園の運営者らが韓国・中国を嫌う本質は、そう、同属嫌悪である。

本事案に関して、ネトウヨたちは苦し紛れの擁護か、沈黙を決め込んでいる。ネトウヨ(または、嫌韓国・嫌中国)であったとしても、幼稚園のやり方には批判したほうがいいだろう。でなければ、容認したことになる。「反論しないことは認めたことになる」とよく言うでしょ。

さらに問題は根深く、幼稚園と同系列の森友学園が新たに建てようとしている小学校の土地購入の件である。ゴミの撤去にお金がかかった分、土地代を引いてもらったとの話だが、ゴミを撤去していないといった証言が出てきた。


これらの教育方針や事実を知ってかしらずか、安倍昭恵総理夫人は安倍昭恵夫人が名誉校長に就任。総理も夫人も、教育方針に感銘を受けていたそうだ。

 

なんと、稲田防衛大臣は「自衛隊員の士気高揚に貢献した」として感謝状まで付与している。

 

しかし、問題が明るみになるやいなや、名誉校長を辞任。感謝状も取り下げを検討していると言い始めた。しかも、交渉記録までも廃棄してしまった。

 

もはや、森友学園は総理にとって迷惑な存在になりつつあるのか、トカゲの尻尾切りが始まったのである。

 

森友学園の教育方針を知ってて、土地を安くしたのではないのか。名誉校長に就任したのではないのか。感謝状を付与したのではないのか。なのに、知らぬ存ぜぬで決め込み、終いには、被害者を装うのか。調子のいいこと言うものだ。

 

まったくもって、おぞましい。

 

 美しい国へはまだ遠い。

 

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

新しい国へ 美しい国へ 完全版 (文春新書 903)

 

 

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の研究 (扶桑社新書)