絵本『100万回生きたねこ』を自分なりに読解してみた。

私は、絵本『100万回生きたねこ』が大好きだ。初めてこの絵本を読んだ時の衝撃は、今でもはっきりと覚えている。人生でこれほど衝撃を受けた本に出会ったことがない。今回はちょっと趣向を変えて、絵本「100万回生きたねこ」を、私がどのように読み、感じたのかをお話したい。(今回は「です・ます」調で語ります)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

100万回生きたねこ (講談社の創作絵本)

 

 

絵本のタイトルは「100万回生きたねこ」ですが、主役のねこは、絵本の中で一度も「100万回生きた」とは口にしません。「100万回死んだ」と自慢しているだけです。

ねこは、何度も生まれ変わります。絵本には前世の話が6回出てきますが、どの飼い主にもなつかず、必ず「○○なんか きらいでした」という一文が入ります。しかし、100万人の飼い主はねこを可愛がり、ねこが死んだ時は涙を流して埋葬してあげました。でも、ねこは泣きませんでした。

100万回目に生まれ変わった時、ねこは誰のねこでもありませんでした。立派なとらねことして生まれ、沢山のめすねこからモテました。しかし、とらねこはめすねこ達を全く相手にしません。どんなめすねこよりも、自分が大好きだったのです。

そんなある日、一匹の美しい白いねこと出会います。
とらねこは「俺、100万回死んだんだぜ」と自慢するのですが、白いねこは「そう。」と言ったきり、そっけない態度をとります。とらねこは何度も100万回死んだことを自慢げに話しますが、白いねこは「そう。」と言うだけです。

ある日とらねこは自慢することを止め、「そばにいていいかい」と素直な気持ちを伝えます。白いねこは「ええ。」と答えます。白いねこは絵本の中で、「ええ。」と「そう。」としか言いません。とらねこが自慢話をしている時は「そう。」、とらねこが心を開いた時は「ええ。」。

とらねこと白いねこは、やがて子供を産み、育てました。
とらねこは「あいつらも りっぱな のらねこに なったなあ」と、満足して言います。とらねこが“満足”をしたのは、おそらく100万回生きて初めてです。それを聞いた白いねこはグルグルと喉を鳴らします(ねこがグルグルと喉を鳴らすのは、気持ちがいいとき、幸せなとき)。

そんなある日、白いねこが動かなくなります。死んだのです。とらねこは泣きました。100万回泣きました。初めて愛することを知ったとらねこは、愛するものを失う悲しみを知ります。とらねこが“100万回泣いた”のは、白いねこに100万回泣いたのではありません。白いねこと、前世で自分を愛してくれた100万人の飼い主に対して泣いたのです。「愛することを知らなければ、愛されることの意味が分からない」と、教えられているようです。

愛することを知ったとらねこは、前世の飼い主達の気持ちを理解しました。とらねこが泣いた100万回は、後悔の涙だったかもしれませんし、悲しみの涙だったのかもしれません。もしかしたら、感謝の涙だったのかもしれません。とらねこは死ぬ前に、100万人を愛し、100万人の愛を感じ、100万回生きられたのです。そして、もう生まれ変わることはなかったのです。

 

 

もう一つの見方

仏教には、生まれ変わり説(輪廻転生)があります。
この理解は8割合っていて残り2割が誤解です。仏教の最終目的は、悟りを開いて輪廻から解脱することにあります。そもそも仏教は「生きている=苦しみ」と捉えており、輪廻をそこまで好ましい意味では使いません。輪廻は、現世で悟りを開けなかった人間への「やり直し」なのです。

絵本『100万回生きたねこ』では、100万回死んだと自慢するとらねこが美しい白猫を好きになり、一緒に暮らすようになります。とらねこと白猫は、子どもを作り、育てる。その後、白猫が死んでしまう。それを見たとらねこは100万回泣き、後を追うように、とらねこも死んでしまう話です。絵本の最後は、「ねこは 決して 生き返りませんでした。」と締めくくられています。

私はこの話を読んだ時、「これ、解脱の話だよね」と思いました。100万回泣いたのは、白猫の死を100万回泣いたのではなく、輪廻して出会った人たち(100万人)に対して泣いたのです。とらねこは、愛しみを知り、「死んだ」だけと思っていた100万回の人生が「生きた」に変わったのでした。

私が着目したいのは、白猫です。白猫は、如来(悟った者)だったのではないでしょうか。白猫は「そう」と「ええ」しか言いません。とらねこが「100万回死んだんだぜ」と虚栄心をあらわにした時は「そう」、「そばにいてもいいかい」と素直になった時は「ええ」。白猫は、とらねこが解脱できるように導いたのかもしれませんね。