読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『スターウォーズ』が嫌いです。

書籍&映画

世間のスターウォーズ熱も冷めた頃だから書いてもいいかな。
 
実は私、映画『スターウォーズ』が嫌いなんです。
作品が悪いんじゃなくって、私の僻みたいなものなんで、私の問題。

私は一つでも不自然な要素が入ると、途端にトーンダウンしてしまうところがある。その不自然な要素をスターウォーズでも見つけてしまった。で、その不自然な要素ってのが、ライトセーバーである。

戦闘中、ライトセーバーでライフル弾を切り落としてガードするシーンが頻繁に出てくる。あのシーンがもうどうしようもなくモヤモヤする。
小学生のとき、あのシーンを見てこう叫んだ。「なんで剣で弾が切れるんだよ!」「どんだけ、ビーム弾遅いんだよ。」「てか、そんな行為して良いのは、ドラえもんの道具『名刀電光丸』だけだからな。スターウォーズはドラえもんなんですか!? あぁーん!」「敵も馬鹿だよ。当たらないんだったら、そんな武器使うな。やめちまえやめちまえ。こんな茶番」

これと同じ違和感をアニメ『アルスラーン』でも感じた。
久しぶりに面白いアニメかなって思ったら、変な魔術師が出てきて、そいつが瞬間移動とかしちゃう。「えーーそんな世界観だっけ、アルスラーン!って」と驚嘆&ガッカリした。それがアリなら、炎を出すことも雷を落とすこともアリな世界になってしまう。でも、それはないみたいだ。

こんな風に、世界観とずれた点(不自然な要素)が一点でもあると、その途端、幻滅してしまう。

今回のスターウォーズも、アレですか、ライトセーバーでビーム弾を切り落としちゃったりしてたんですか?