読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

我が家では「水曜日」に宅配を集約させることにしました

f:id:fukaihanashi:20170308131620j:plain

 

ヤマト運輸の長時間労働と残業代未払いが問題になっている。長時間労働の根本原因はドライバー不足にある。宅配数は年々増加の一途を辿っており、それに比例してドライバーが増えているわけではない。まずは、どれほど宅配数が増えているのか、ヤマト運輸のホームページに掲載されているグラフを見てほしい。

 

宅急便取扱個数の推移

引用元:http://yamato-hd.co.jp/investors/kojin/yamato/index.html

 

会社の業績グラフにしたいほどの右肩上がりである。需要が増えることはいいことだが、物流業界はこれに見合うだけのドライバーが確保できていないのが実情だ。2015年1月14日放送のNHKクローズアップ現代『モノが運べない!?“物流危機”』では「7万人にのぼるとされるドライバー不足」だと報道していた。おそらく、この慢性的なドラーバー不足は、今後も続くだろう。

 

 

各家庭にできること

私もAmazonで買い物をする機会が多く、また仕事でも商品出荷をヤマトにお願いしている。公私ともにお世話になっているわけだ。そんなヤマトのドライバーに負担をかけるのは心苦しいと思い、家族会議を開いた。

「家族での荷物は、できる限り水曜日に集約させること」という取り決めをした。業務の出荷は、日々注文が入るため出荷日を週1にすることはできないが、個人の買い物の受取は取り決めすることはできる。

ヤマト運輸は、Amazonと価格交渉に入ったようであり、上手く交渉が運び賃金の改善が見込まれれば、ドライバー確保も前よりは容易になるかも知れない。企業努力は企業努力として頑張ってもらい、一消費者としても何かしらの工夫はできる。

考えてみれば、週一になったところでさして不便になるわけでもない。こう言った慣習が広がれば、あったかい世の中になるのではないかと思う次第です。

 

 

佐川男子

佐川男子