読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書籍&映画

『幸福の科学』と『沈黙-サイレンス-』

女優の清水富美加が宗教法人『幸福の科学』に出家するというニュースが先日飛び込んできた。『幸福の科学』と言えば、総裁 大川隆法のイタコである。著名人の守護霊を自身に憑依させたり、現在生きている人間の霊さえも憑依させてしまう。あそこまで突き抜け…

生産性とコスパーの違いについて、ちきりんに訊いてみた

ちきりんの書籍『自分の時間を取り戻そう』を購入。ビジネスパーソンなら全員読んだほうがいいと思えるほど、有益だった。読了、一つだけ疑問が残った。それは「生産性」と「コスパー」の違いについてだ。なんとなく違うようだけど、ほぼ同義に近い感じがし…

悲しき映画『シン・ゴジラ』

巷で「すごい!」と絶賛中の映画『シン・ゴジラ』。僕の目に映ったのは、ただただ悲しきゴジラ映画だった。正直僕は、ゴジラに興味はない。特撮映画にも興味はない。では、なぜ観に行ったのか。それは、庵野監督が作るエヴァンゲリオン以外の作品を観てみた…

映画『スターウォーズ』が嫌いです。

世間のスターウォーズ熱も冷めた頃だから書いてもいいかな。 実は私、映画『スターウォーズ』が嫌いなんです。作品が悪いんじゃなくって、私の僻みたいなものなんで、私の問題。私は一つでも不自然な要素が入ると、途端にトーンダウンしてしまうところがある…

絵本『100万回生きたねこ』を自分なりに読解してみた。

私は、絵本『100万回生きたねこ』が大好きだ。初めてこの絵本を読んだ時の衝撃は、今でもはっきりと覚えている。人生でこれほど衝撃を受けた本に出会ったことがない。今回はちょっと趣向を変えて、絵本「100万回生きたねこ」を、私がどのように読み、感じた…

徐々に育んだ愛なんて、愛じゃないってこと

北野武の著書「女たち」を読んだ。そこに書かれていた一文を読んで、長らく自分でも分からなかったことがようやく分かった。何が分かったのかを話しする前に、何が書かれていたのかを紹介したい。 近代社会の中で、愛っていうものの定義があるじゃない? だ…

手段や道具としての「冷たい勉強」をまだ続けますか?

最近、私はある作家にハマっている。その作家とは、荒俣宏氏。なんというか、感性が私と似ている。「言いたいこと分かるわ~」と、頭ではなく、気持ちで理解できるのだ。私が荒俣宏氏に興味を持ったきっかけは、NHKの「クールjAPAN」という番組だった。番組…

岡田斗司夫の4タイプ理論(人生の法則)

今回お話するのは、人間関係について。人を4つのタイプに分けるメソッドなのだが、これが大変役に立つ。私自身、仕事でもプライベートでも、大いにその恩恵を得ている。「4つのタイプに分ける」と言うと、「あぁ、よくあるよねアレね」なんていう、反応が返…