幻冬舎 見城徹社長が犯した間違い

幻冬舎の見城社長が、発行部数を晒して著者を貶めたツイートが炎上した。「発行部数を晒してないが悪い」と擁護する人もいるが、問題なのは著者に対して「売れない本を売ってやっている」といった態度をとったことである。これは出版社としてあるまじき姿。 …

薬物で逮捕された者の作品は、お蔵入りするべき

‪芸能人が犯罪を起こした際、過去の作品が販売中止になることがある。この処置に対して「人格と作品は切り離すべきだ」といった反対の声が必ずあがる。基本は私も、人格と作品は切り離すべきだと考えている。だが、犯罪の中でも、薬物はこの限りではない。最…

「馬鹿」と言う奴が馬鹿であるワケとは

友人が映画『沈黙』の批判レビューを感想を話してくれた。批判レビューには、「史実とは異なる」「キリスト教からの一方的な歴史解釈」といったものが多かったそうだ。友人はそれらを見て、「この人たちって、馬鹿なの? この映画は物語だし、ノンフィクショ…

AIがもたらす恩恵とリスク

AIの技術が進めば進むほど、今よりも生活は便利になるし、仕事も便利になる。便利さを与えてくれる一方、リスクも懸念されている。それは、人間を超える知能を得たAIが暴走した時、人間が制御できなくなってしまうといったもの。AIはいずれ人間の知性を超え…

科学を信仰する日本人

先日メンタリストDAIGOの動画を見た。動画では、集中力や意志力についての新しい論文を紹介していた。その中でDAIGO は、自分が過去に書籍に紹介した内容が覆ったといった旨を話している。※書籍に紹介したものとは、おそらく「ウェルパワー」のこと。私も書…

ラブドールが嫁になる日

私が小学生の頃、『世にも奇妙な物語』というTV番組があった。放送された話の中で、今でも印象深く覚えている回がある。それは、ラブドールを一人の人間として接している男の話だ。その男はラブドールに名前をつけ、挨拶したり、話しかけたりしていた。そん…

自分たちは“善”と信じている者は、人を差別する

絶対的な「善」は果たしてあるのだろうか。私は“ない”と考えている。大航海時代より、西洋各国は植民地に対してキリスト教を押し付けてきた。彼らはそうすることが善であり、そこに微塵の疑いはなかった。キリスト教を広めためなら、虐殺も民族紛争をさせる…