保毛尾田保毛男騒動は、LGBTへの理解に寄与したのか

f:id:fukaihanashi:20160810205637j:plain


保毛尾田保毛男騒動、もうこの話題お腹いっぱいな人もいるだろう。この騒動を概観していた私も一つ所感をまとめるつもりで書き綴ってみたい。

某TV番組にて、石橋貴明が保毛尾田保毛男というゲイに扮して笑いを誘った。しかし、LGBT界隈から批判が寄せられ、テレビ局が謝罪する事態に至ったわけだ。ゲイの方をはじめ、LGBTで苦しむまたは苦しんできた方たちが例の番組を見て、「傷ついた」「嫌な思い出を思い出した」「同性愛者への偏見を生む」と声をあげることは間違っていないし、正論なのだと思う。

ただ1点気になることがある。今回の騒動でLGBTへの理解は深まったのだろうか。私が思うに、「面倒臭い奴らだ」と思われただけではないか。「だけ」と言うと言い過ぎだが、その傾向は多分にあると思う。

「面倒臭い奴らだ」と思われることは、ある意味効果がある。大衆に「LGBTに関わらないでおこう」「あえて取り扱わないようにしよう」といった意識を植え付けることができるからだ。つまり、LGBTに関する表現への抑制には効果を発揮するだろう。だが、それは果たして理解が深まったことになるのだろうか。いや、ならない。ただ単に、距離を作ってしまっただけではないか。理解を遠ざけてしまったのではないだろうか。

アメリカは差別をなくそうと努力してきたが、トランプ大統領の誕生を見て分かる通り、アメリカは差別への言動に蓋をしていただけで、差別意識が消えていたわけではなかった。同じく、ネトウヨへのヘイトスピーチを禁止したところで、韓国・中国人への差別意識が消えるわけでもない。

もちろん差別は是正されすべきだし、ヘイトスピーチも許してはいけない。

しかし、ここに正論の難しさがある。正論だからと言って世の中が正されるわけではない。正論だからこそ、言い方やタイミングなどが重要になる。

表現を抑えることは、正論を唱えて面倒臭さいと思われることで可能になるが、差別意識を失くすことは、正論の力だけでは難しいと改めて感じた一件だった。

 

PS
東京ゴッドファーザーズのハナは、個人的に好きです。

東京ゴッドファーザーズ

東京ゴッドファーザーズ

 

 

 

「ちんこのデカイ男」の失敗から学ぶ、才能と努力の関係

f:id:fukaihanashi:20170807170117j:plain

 

「ちんこのデカイ男はSEXが下手」といった話を女性から聞いたり、書籍で読んだことが何度かある。デカさを武器にしてガンガン攻めるばかりで、テクニックを磨いてこなかったのだろう。強みを活かすのはビジネスの王道だが、SEXに限ってはそうではないようだ。

これに似た構造が観光地のお店にもある。すべてとは言わないが、観光地にあるお店は接客レベルが低い。お客のほとんどは一見客(観光客)であるため、はなからリピートを期待しておらず、接客にあまり気を配らないのだろう。

人は、持って生まれた才能があると、才にかまけてしまう。逆に、才能が無い人ほど努力する。

 

私はいいお店を見つけるコツの一つに、「立地条件が悪いのに流行っているお店」を挙げる。立地条件が悪い分、料理かサービスに力を入れているからだ。これを冒頭の話に置き換えれば、「ちんこが小さいのにモテている男はSEXが上手い」になる。では、平均的、ちゅうっくらいはどうなのか。早漏はどうか。そこまでは知らん。

 

 

 

深爪式 声に出して読めない53の話【電子書籍版】 (eロマンス新書)

深爪式 声に出して読めない53の話【電子書籍版】 (eロマンス新書)

 

 

SHIMIKEN’s BEST SEX 最高のセックス集中講義

SHIMIKEN’s BEST SEX 最高のセックス集中講義

 

 

「灘校の校長先生による声明文」から垣間見える、歴史修正主義者たちの悪辣さ

灘校の校長先生がネトウヨ一味から嫌がらせを受けたようです。
詳細は、以下の声明文をお読みください。

 

謂れのない圧力の中で
̶ ̶ ある教科書の選定について ̶ ̶

 

以下は声明文を時系列にまとめたものです。

 

昨年末、ある会合で、自民党の 一 県会議員から「なぜあの教科書を採用したのか」と詰問される。 → 年が明けて、自民党衆議院議員から「政府筋からの問い合わせな の だ が」と断った 上 での電話が入り、同様の質問をされる。 → 2月の中頃から、今度は匿名の葉書が次々と届きだした。 → 3月19日の産経新聞の一面で「慰安婦記述 三十校超採択 ̶ ̶ 「学び舎」教科書 灘中など理由非公表」という見出しの記事が載る。 → 6月号の月刊誌 『Will』に、近現代史研究家を名乗る水間政憲氏が 、「 エリート校―麻布・慶應・灘が採用したトンデモ歴史教科書」という20頁にも及ぶ大論文を掲載した。 → 水間政憲氏が CSテレビの「日本文化チャンネル桜」に登場し、同様の内容を講義したとの情報が入る → 「水間条項」というブログページを見つける。記事に一つに「緊急拡散希望《麻布・慶應・灘の 中学生が反日極左の歴史教科書の餌食にされる;南京歴史戦ポストカード で対抗しましょう 》」との呼びかけがあるのを発見する。 → ここが葉書の出元だと気づく。

 

ほんと、自分たちの考えや価値観しか認めない人たちって、なんて人間の度量が小さいのでしょうね。

 

 

日本会議の研究 (SPA!BOOKS新書)

日本会議の研究 (SPA!BOOKS新書)

 

 

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力 (文春新書)

ヘイトスピーチ 「愛国者」たちの憎悪と暴力 (文春新書)

 

 

憲法改正に仕掛けられた4つのワナ

憲法改正に仕掛けられた4つのワナ

 

 

最適化される世界

人気アニメがたびたび実写化される。
低評価をつけられることも珍しくないが、テレビや映画業界は実写化を控える気はないようだ。なぜだ。視聴率や興行収入がいいからだ。低評価だろうが、一定の売り上げが見込めるから、実写化を止めようとしないのだ。つまり、原作を汚すような無茶な実写化には、観客にも責任の一端がある。いや、共同責任と言っても過言ではない。どんな業界でも、長く業界が存続してお客の反応が汲み取れるようになればなるほど、最適化が進む。アニメの実写化は、観客のニーズに最適化した結果なのだ。

民主主義も同じだ。
ネットが普及する前と比べて、国民の声(国民感情)は可視化されるようになった。当然、政治屋は国民に阿った政策や代表者を立てるようになる。今の政権に不満があろうがなかろうが、今の政党や大臣は国民のレベルを如実に示しているに過ぎない。稲田防衛大臣がボケているのも、今の日本人が平和ボケしているからに過ぎない。安倍総理の人事が下手なのも、国民が政治家選びが下手だからに過ぎない。着実に政治は国民のレベルに最適化しつつあるのだ。


PS
アニメ『鋼の錬金術師』の実写化映画はコケると思う。

 

安倍でもわかる政治思想入門

安倍でもわかる政治思想入門

 

 

これが「日本の民主主義」! (ホーム社)

これが「日本の民主主義」! (ホーム社)

 

 

鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

鋼の錬金術師 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

 

 

 

日本人はなぜ分別できないのか

f:id:fukaihanashi:20170731222215j:plain

日本人はいつから分別ができなくなったのだろうか。韓国の政治が嫌いだからと言って、芸能や文化まで否定する行為は、レイヤーが違う問題を一緒くたにし過ぎている。

以前、ある方からメッセージをいただいた。何でも、日本のテレビ局は在日韓国人が役員をしていて、過去に流行った韓流は日本人を洗脳させるための工作だとかなんとか言っていた。真偽はともかく、これも政治レベルと芸能レベルをごっちゃ混ぜにしている陰謀論の一種つである。

私は韓国にも中国にも行く機会があり、あちらのホテルでテレビをつけることがある。日本のドラマやアニメが頻繁に放映されており、人気を博している。だが彼らは、「日本人よる陰謀」などとは言わないし、「日本のアニメ最高」と言って親しんでいる。反日教育を受けているにも関わらず、日本の芸能と政治は別枠と認識して楽しんでいるのだ。残念ながら、この分別が日本人はあまり出来ていないように見受けられる。

今回、朝鮮学校の無償化の裁判が大阪地裁の判決が出た。ご存知の通り、国が朝鮮学校を高校授業料無償化の対象外としたのは違法だとして、朝鮮学校側の主張を全面的に認める形になった。判決には、私も「?」であり、法的(教育基本法上)にも憲法的(憲法89条)にも大阪の判決はいかがなものかと思っている。

ただ残念なことに、今回の判決に疑問を呈する人、反対を唱える人の中に、お粗末な意見がある。「ミサイルを飛ばしてくる国の人間をなぜ税金を使って教育しなくていけないんだ」と。

ここでもレイヤーが違う問題をごっちゃ混ぜにしている。
抽象度を挙げて言えば、「日本に対して軍事レベル、政治レベルで嫌がらせをしてくる国があれば、日本にいるその国の国民は、元々日本で受けられる社会保障などを受けられなくしてよし」と言っているのと同じだ。この論理から言えば、「その国と戦争になれば、日本にいる○○国の国民は殺しても構わない」になる。低レベルで危険な考え方だと思う。分別できずに考えるということは、こういった思考になる可能性を秘めている。

誤解なきよう、先ほども言ったように、「朝鮮学校を無償化にするべきだ」とは思っていないし、判決に対しても疑問が残る。私が言いたいのは、「反対する理由が“ミサイルを飛ばしてきているから”では分別ができていない」ということである。

ただし、多の方が危惧しているような、朝鮮学校で工作員が育てられているのであれば、軍事レベルの話になるので、即効、廃校にしていいと思う。ただ、北朝鮮は独裁政権のためトップを崇拝する教育はある意味仕方ないと言うか必然性がある。これを「工作員を育てるための教育」と見るかどうかが意見が別かれるでところだろう。

 


PS
「韓国と断交すべきだ」と主張する人たちがいるが、どのレベルで言っているのか定かではない。政治レベルの断交なのか、経済レベル(輸出入など)もなのか、はたまた芸能文化レベルのなのか、個人間レベル(旅行や結婚)のものなのだろうか。明確な提示はない。もし、全てを含んいるとすれば、「侵略してくる人たちであっても、酒を酌み交わせば分かりあえる」と言っている人たちと同レベルの非現実的な提言である。

 

 

 

大人のいない国―成熟社会の未熟なあなた (ピンポイント選書)

大人のいない国―成熟社会の未熟なあなた (ピンポイント選書)

 

 

今こそ、韓国に謝ろう

今こそ、韓国に謝ろう

 

 

劣化する日本 再生への10のシナリオ (ディスカヴァー携書)

劣化する日本 再生への10のシナリオ (ディスカヴァー携書)

 

 

 

愛情の多寡の所為にしない

先日、考えさせるブログを読んだ。

 
このブログでは、「結婚相手が子供を産めないから離婚した」という男性が出てくる。その男性の人格もちょっとどうかと思う部分はあるのだが、ブログ筆者のある言説に対して一つ反論したい。
 
反論したい言説とは

子供が産めないという理由で離婚するなら、それは大して相手を好きではないのだ。


私は、離婚理由を安易に愛情の多寡の所為にするのが嫌いだ。思考停止だから。なぜ、思考停止なのか。理由は2つある。
 
一つ目は、何でも使える万能テンプレだから。
「○○という理由で離婚するなら、それは大して好きではない」は、どんな場合でも相手を貶めることができる。
 
・無職になったという理由で離婚するなら、大して好きではない。
・不倫したという理由で離婚するなら、大して好きではない。
・子育てに協力しないという理由で離婚するなら、大して好きではない。
・精神病になったという理由で離婚するなら、大して好きではない。
・薬物依存症になったという理由だけで離婚するなら、大して好きではない。
 
 
このように、これを言っていれば万事OKなわけだ。


今あげた例文を見て、「いやいやいやいや。それ十分離婚に値する理由でしょ」と突っ込んだ人もいると思う。


そこが二つ目の理由。
離婚に値する事柄かは、人によって違うってこと。他人から見て、「えっそんなこと」と思えることでも、本人にとっては重要なことってことはよくある。「そんなことで離婚するの?」ではなく、「あなたにとって離婚に値することなんだね」と受け入れるのが、他人の価値観を認める態度なんだと私は思う。

「それぐらいの愛情だった」と言ってしまうのは、ブログ筆者の価値観を押し付けているだけだ。「自分だったら離婚に値しない。だから、この男性の愛情ははじめから大したものじゃなかった」と。

以上の理由から、愛情の多寡の所為にするのは、思考停止だなと思った次第です。

 

 

PS

友人がもっと斜め上から反論していて、「そもそも、なぜ結婚相手を好きでなければいけないのか?」と言っていた。なるへそ。確かに、これからの時代好きじゃない相手と結婚するっていうパターンも増えてくるだろう。恋愛を飛び越えて結婚をするっという形が。

 

 

愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める

愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める

 

 

嫁さんが美人。じゃ不倫しよう

女優の仲間由紀恵の夫(田中哲司)の不倫が発覚した。
女優やアイドルと結婚した夫が不倫するたび、必ず出てくる言説が、「どうしてあんな美人と結婚したのに不倫するのかな?」だ。

チッチッチ
完全に的外れだね。

逆だよ逆。
美人と結婚したから不倫するんだよ。

「こんないい女と結婚できた ⇒ 実は俺、スゲーいい男なんじゃね ⇒ なら、もっと女を口説けるはず ⇒ 人生一度きり、やらなきゃ損損 ⇒ 不倫」


田中哲司しかり、陣内智則しかり、
世間から、「お前にはもったいない」と思われるような女と結婚した男は、増長して、ほかの女にも手を出すんだよ。
 
 
よく覚えておき。


※色々と個人差はあります。

 

 

人はなぜ不倫をするのか (SB新書)

人はなぜ不倫をするのか (SB新書)